FC2ブログ

Rock_Mon2nd

TRPG「六門世界RPGセカンドエディション」好きなゲーマーの紹介記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

[TRPG]ダークブレイズ続報

 Role&Rollに、『タンクライフRPG ダークブレイズ』の続報が出てました。
 先月から買う気満々でしたが、この記事を読んで、購入確定です。

 今回の記事で何より素晴しいと思ったのは、そのビジュアルイメージ。
 速水螺旋人氏のイラストは、インパクト抜群ですね。

「戦車」と言うと、どうしてもミリタリーなイメージだったんですが、まさか、こんなデザインの戦車が飛び出すとは!
 シャーウッド(=戦車)は移動型住居らしいので、こういったデザインになると言われれば納得できますが、それにしてもこれはなんというか、可愛いと言うか楽しそうと言うか、見てるだけでウキウキしてくる感じのデザインです。
「こんなのに乗って冒険したら、楽しそう!」とか「いったい、この中でどうやって生活してるんだ?」とか、そういった想像力を描きたてられる印象です。
 私はミリタリー関係にまったく疎いので、むしろシャーウッドが現実の戦車とはかけ離れたイメージであることに、ある種の安心を憶えました(笑)。 

 ビジュアルと言えば、アマゾンで表紙画像も上がってますね。
 安田氏の六門リプレイでも思いましたが、Ryoji氏のイラスト……これはパンツモロ見えというより、もう履いてない事確定っぽいですね(笑)。
 いっそ清々しく、素敵です(笑)。

 さておきまして、世界観も、かなり独特なものであることが判明しました。
 ファンタジーと言えばファンタジーですが、SFっぽさも入っていますね。
 六門の各種サプリから想像するに、加藤ヒロノリ氏がゲームデザインから優先させて作った結果、こういった世界背景になったのではないかと思いますが……これは、TRPGの世界背景としても、ちょっとした異彩を放つ魅力がありそうです。

 そしてゲーム内容ですが、どうやら予想どおり、六門世界RPGの『海賊都市クロスボーン』の流れで遊ぶTRPGのようです。
 システマチックにゲームを進めるという流れですね。
 システマチックなゲーム進行というと、近年ではFEARのシーン制ゲームが印象強いですが、あちらは「演出とストーリー重視の進行」だったのに対し、ダークブレイズは「ゲーム性重視の進行」であることは明白です。
 そして、私はゲーム性重視のゲーマーですので、これはもう期待せずにはいられない内容と言えましょう。

 ちなみに判定方法は、六門セカンドに似た印象です――ある意味、これで六門2ndのサポート打ち切りは確定したようにも思えますが(涙)。
 しかしまあ、TCGのモンスターコレクションが現在展開中なわけですから、そのうち六門の3rdエディションが出ることは間違いないと、信じて待つしかないでしょう。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。