FC2ブログ

Rock_Mon2nd

TRPG「六門世界RPGセカンドエディション」好きなゲーマーの紹介記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

[TRPG]ダークブレイズに期待

 Role&Rollのvol.55に『タンクライフRPG ダークブレイズ』についての紹介が載ってました。

 作っているのは、『六門世界RPG』のデザイナー、加藤ヒロノリ氏!

 ……なるほど、そりゃあ六門セカンドのサプリメントが全然出ないはずだぜと、ガッカリすると同時に納得してしまいましたが、紹介記事を読んでいる感じだと、どうやら旧版六門のサプリメント『海賊都市クロスボーン』に似た雰囲気のゲームである様子です。
『海賊都市クロスボーン』は、相当に凄い内容だったことを考えると、それをまるごとTRPG化したゲームなら、かなり期待して良いんじゃないかと思いました。
 私は戦車とかミリタリーには全く興味ないんですけど、どうもファンタジー入ってるっぽい世界観も謎で、興味深いところではありますし。

 あと、「ボードゲーム風TRPG」って部分も気になります。
 加藤氏が作る以上、ゲーム性が色濃く出るのは当然として、どこまでボードゲーム寄りなのか?
「ボードゲーム風TRPG」といえば、私は『迷宮キングダム』とかがその辺にあたるのではないかと思ってたりするんですが。
 そして「TRPG風ボードゲーム」といえば、この前遊んだばかりの『ディセント』ですね。
 ボードを使わない限りはTRPGだとは思うのですが、例えばSNE作品だと『エムブリオマシンRPG』はぶっちゃけTRPG要素はゼロでも良い、ロボット物シミュレーションゲームだったわけでして――『エムブリオマシンRPG』には戦場マップと言う名のボードが付いていたわけですけれども――『ダークブレイズ』はどのレベルに位置づけられるのでしょうか?

 六門セカンドのサプリメントが出ないのは残念ですが、それはそれとして、『ダークブレイズ』は要チェックだと思っております。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。