FC2ブログ

Rock_Mon2nd

TRPG「六門世界RPGセカンドエディション」好きなゲーマーの紹介記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

[六門]パーティ編成(前編)

『六門世界RPGセカンドエディション』の、プレイヤー側に立った視点でのセオリーと、その考察です。



●PCセオリーのまえおき
 この「PCのセオリー」で示すのは、筆者が一般的・平均的だと考える、六門2ndのプレイヤー側に立ったプレイ理論を――それも、主として戦闘に関わるものを中心に――紹介していきます。
 ここで示すのは「筆者個人の考えた一般的・平均的」な考えですので、それが一般的・平均的な保障はどこにもないのです――というか、屁理屈の可能性も十二分にあります。
 しかし、プレイ経験だけは豊富であるという自負がありますので、少なくとも未プレイの人や、プレイ経験の浅い人には参考にしていただけるのではないでしょうか。

 慣れてきた人や、プレイ環境・GMや周囲のプレイヤーの違いによっては、ここで示すセオリーは通用しないかと思います。
 また、セオリーを崩したところにある面白さというのも、六門2ndには確実に存在しています。
 慣れたプレイヤーの方には、ここにある屁理屈を吹き飛ばす、画期的な理論を構築していただければと思います。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

[MHP2ndG]モンスターハンターポータブル2ndG!

 さあさあ、PSPの数少ない(汗)キラータイトル、『モンスターハンターポータブル2ndG』の発売です!
 今回も結構遊んでしまう予感です。
 筆者はモンハンシリーズは全作(MHFも)遊んでいるので、もう、たまりませんね。
 ここ数年、コンピュータゲームのプレイ時間の3割以上をモンハンに費やしているのではないでしょうか。

 MHP2ndGが好きで、なおかつTRPG好きな皆様!
 そんな皆様には、六門世界RPGセカンドエディションのサプリメント、『空中庭園エリュシオン』が超おすすめです!
 緊張感あふれる戦闘やら武器合成やら、素敵なモンハンテイストに満ち溢れておりますので。

PageTop

『空中庭園エリュシオン』六門セカンド・サプリメント2

 六門世界RPGセカンドエディションのサプリメント第2弾、『空中庭園エリュシオン』の紹介です。

 ランダム形成ダンジョンやその他の工夫により、何度でも遊べるキャンペーン・シナリオ集です。
 ルールブックとこの本のデータだけで遊べるため、予算が厳しいなら『サザンの闘技場』など他のサプリメントがなくても充分遊べます――あった方が、プレイヤー的には楽しいと思いますが。
 新クラスも3種類掲載されていますので、プレイヤーも持っていて損は無いでしょう――でも、間違ってもシナリオ部分は見ないようにしましょう(汗)。

つづきを表示

PageTop

六門セカンドリプレイ『スカーレット・オーバード1』

 Role&Rollで連載されていたリプレイ、『スカーレット・オーバード』の第1巻です。
 実はこのリプレイ、題名についてるのが「六門セカンドリプレイ」なので、ネット上で「六門世界RPGセカンドエディション リプレイ」と検索をかけても、微妙にズレて出てきます(笑)。

つづきを表示

PageTop

プラスの偶然性こそTRPGの楽しさ(笑)

 この記事は、「筆者のTRPG歴と思想(笑)」の続きです。
 六門2ndとゼンゼン関係ないので、正直、読み飛ばしてくださいという内容です――じゃあ書くなって話ですが……(汗)。

つづきを表示

PageTop

筆者のTRPG歴と思想(笑)

 もしかすると、筆者のことに興味を持ってくださる奇特な人がいらっしゃるかもしれないので、一応、自分のTRPGに関する考え方とか遊び方とかについて、適当に書きちらかしてみます。

つづきを表示

PageTop

『サザンの闘技場』六門セカンド・サプリメント1

 六門2ndのサプリメント第1弾、『サザンの闘技場』をご紹介します。

・大量のモンスターデータの追加!
・モンスターを使役する新クラス2種の追加!
・闘技場でバリバリ戦ってガンガン成長せよ!

つづきを表示

PageTop

六門世界RPGセカンドエディションのルールブック

 六門セカンドルールブック(監修:安田均/著:加藤ヒロノリ&グループSNE/新紀元社刊/Rolle&Roll RPG)の紹介です。
 ついでに「※」ところで実際に使う際のアドバイスなども付記してますので、初めて六門2ndを遊ぶ際の助けになれば幸いです。

つづきを表示

PageTop

六門セカンドの紹介

 六門2ndがいかなるゲームであるのか、端的かつかいつまんでご紹介します。

・楽しく抽象化された戦闘ルール
・成長とお金の消費が楽しいバランス
・召喚術によるモンスター支配
・ゲームの難易度
・マルチメディア度が高い

つづきを表示

PageTop

【まずお読みください】最初の挨拶とルール

 こちらのブログは、『六門世界RPGセカンドエディション』の紹介とか記録を中心とした、布教が主な目的です。
 D&D3.5eとかソードワールド2.0とかアリアンロッドRPGとかナイトウィザードとか……まあ、世の中メジャーなTRPGは山ほどあるわけですが、六門セカンドはどうにもそういうメジャー路線からは遠い位置にある気がするので、この面白さ・楽しさを少しでも多くの人に知っていただきたいわけなのです。

 ちなみに筆者は旧版の『六門世界RPG』もかなり遊んでましたが、2nd発売以降は2ndばっかり遊んでます。
 なので、旧版については最近のプレイ記録とか、そういったアクティブな話は出てこないかと思います。

 というわけで、次の自分ルールにのっとって書いてますので、ご了承ください。

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。